secure-pr.com

株式会社セキュア・ペーパー・リサイクル

  • トップ
  • 会社案内
  • 事業紹介
  • 設備紹介
  • セキュアグループ
  • 個人情報保護関連
  • プライバシーポリシー 免責事項

セキュアデリートセンターでの機密処理

「前処理」としての破砕処理機密書類を廃棄する際、作業の手間を考えると、ファイルやバインダーに閉じたままの状態で書類を廃棄したいものです。しかし、バインダーなどの金属はパルパーを傷める原因になってしまい、直接溶解処理に向いているとは言えません。そこで当社では、溶解処理の「前処理」として破砕処理を行い、事前に金属類を取り除いてから溶解処理を行うサービスをご提供しております。

セキュアデリートセンター

破砕機の設置されたセキュアデリートセンターは、パスワードによるセキュリティー管理を施された完全密閉施設で、部外者の侵入を完全にシャットアウトしています。機密文書を回収してきたトラックごと施設内に入れ、破砕処理を開始します。

立会も可能

セキュアデリートセンターに隣接するモニタールームからは、機密書類の破砕処理が目視で確認できます。また、モニターからも破砕の進行状況を確認できるほか、製紙工場での溶解処理も同時に確認することができます。そのため、破砕と溶解の処理を同時に行い、同時にモニターで監視することができます。

完全抹消まで責任を持って行います

破砕処理を施された機密書類は、約2㎝位まで引き裂かれます。しかし、形の残ってしまう破砕処理は、その紙片から個人情報が見えてしまったり、復元の可能性が残っていたりと、機密の最終抹消とは言えない処理です。当社では、破砕処理後の紙片も「機密書類」という扱いのまま、グループ会社である東栄製紙工業に持ち込み、溶解処理まで責任を持って行います。

  • TOP PAGE